弁護士費用について

事件の依頼を受けた時の弁護士費用には、大きく分けて着手金・報酬金・実費・日当等があります

【法律相談料】

一般の法律相談

30分ごとに5,400円


【着手金】

依頼をお受けする際にお支払いいただくものです。
委任事務処理の結果にかかわらず、原則として受任後にお返しすることはありません。
具体的な金額は、相談の上話し合いで決めます。


【報酬金】

事件終了時に、結果に応じてお支払いただくものです。
具体的な金額は、事務所報酬規程に基づき話し合いの上決めます。

 

【着手金】・【報酬金】を事件の対象となる経済的利益の額を基準として決める場合は以下の通りとなります。

○一般的な民事訴訟事件の場合

経済的利益の額

着手金

報酬金

300万円以下の部分

8%

16%

300万円を超え3,000万円以下の部分

5%

10%

3,000万円を超え3億円以下の部分

3%

6%

3億円を超える部分

2%

4%


(例)500万円の貸金請求事件の場合、着手金は357,000円(消費税含)
報酬金は714,000円(消費税含)になります。
実状に応じて、話し合いの上増減することがあります。


【実費】

事務処理に必要な印紙代・切手代・謄写代等のことです。


【旅費・日当】

委任事務処理のために事務所所在地を離れ移動する場合は、事務所規程により旅費日当をいただきます。

 

 

事案によりますので、相談の時に遠慮なくお尋ね下さい

 

 

 

 

 

 

信州しらかば法律事務所

HOMEご相談について弁護士費用について事務所のご紹介業務内容取り扱い事件役立つ法律情報署名のコーナーリンク集これまでの事務所ニュース

Copyright (c) 2009 shinshu shirakaba Law firm. All Rights Reserved.